学院概要

学院概要

当校は出版社を前身とし、長年に渡り日中・日韓交流に携わってきたオーナーが、国際交流を更に促進することを目的として設立した日本語学校です。

日本語教育を通して日本語に精通するだけでなく、真に日本・日本文化を理解した上で、草の根レベルから世界的規模の国際交流が可能な人材、社会に貢献する人材を輩出していくことを理念として掲げ、日本語教育機関として外国人学生を支援し続けています。未来を担う外国人学生に日本語を教え、日本の大学院や大学等に進学させることで、将来世界各国との国際交流の架け橋になるような人材育成を目指し、日本社会で十分生活できるだけの語学及び適応能力を身に つけられるよう指導に努めています。

当校は法務省東京入国管理局より告示校・適正校、取次申請校に認定されており、在留資格更新・変更、資格外活動許可書の手続きについては学校が代行しております。

学院長挨拶

学院長 伊東 惠子

伊東 惠子

(略歴)
早稲田大学法学部卒
米国University of Notre Dame 国際平和学研究所修士課程修了
上智大学大学院外国語学研究科博士前期・後期課程修了

帝京大学法学部専任講師
上智大学国際関係研究所専任助手
外務省専門調査員(在アメリカ日本大使館)
JICA企画調査員(シリア、ヨルダン)

東京言語教育学院の理念は、国際社会に役立つグローバル人材を育成し、社会に貢献することです。本学は、かかる理念の実現を、外国人に質の高い日本語教育を提供し、優秀な外国人を日本の大学や大学院に進学させることによって行うとの方針を掲げ、留学生の進学指導に特化した「進学のための日本語学校」の草分け的存在として、これまで多くの留学生を志望校に合格させてまいりました。

お蔭様で、過去の高い進学率や一流校への合格実績、また、在校生や卒業生に対する高い社会的評価もあり、本学は法務省から告示校、適正校として認定され、今日に至っています。また、本学のかかる理念や方針は、高度外国人材を確保するために質の高い優秀な留学生をできるだけ多く受け入れたいという昨今の我が国の社会的要請に合致しており、これも本学が社会に貢献していることの証であると自負しております。

実際、本学の教員は全て日本語教育能力検定試験に合格した教育経験、進路指導経験共に豊かな日本語教師であり、また、学生の留学生活をサポートする職員は全て学生の母国語・文化に精通した留学のプロフェッショナルです。外国人学生が志望校入試に向けて教職員と二人三脚で合格に必要な日本語能力を習得できる万全の学習体制が整っています。加えて、本学は、日本語教育の一環として、四季折々の校外活動等、日本社会・文化の理解と異文化対応能力を育む知識や技能の習熟を目指す国際理解教育にも力を入れており、学生が充実した留学生活を送ることができる最高の環境が整っています。

皆さんも本学に入学し、充実した留学生活を送る中で志望校に合格し、多くの本学卒業生のように、将来世界各地で活躍されますことを心から期待いたします。

学院情報

学校名東京言語教育学院
創立2000年10月
設置者代表 日野 健
校長学院長 伊東 惠子
教職員45名(2018年10月現在)
学生定員480名
業務内容日本語教育
所在地

本館
〒132-0035 東京都江戸川区平井5-23-7 東言ビル本館
TEL 03-5631-5601 FAX 03-5631-5602
E-mail tokyolea@tokyolea.jp

2号館
〒132-0035 東京都江戸川区平井6-30-5 東言ビル2号館

3号館
〒132-0035 東京都江戸川区平井5-44-6 東言ビル3号館

許認可法務省認定告示校・適正校
東京入国管理局取次申請校
一般財団法人 日本語教育振興協会認定校